のんびり過ごそう・・やん? 無理っぽぉ~(T_T)


by kisin-ex
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

15日の京都(前編)・・・・続きはあるのか?ww

 京都に来たのは、何年ぶりなんだろうか?
 昔、実家が高槻にあったころは、電車で15分しかかからない、比較的、身近な街(町)のイメージだったんやけどなぁ・・・・。
 いまは、実家から山越えして、1時間弱ですわw




さて、15日の京都の散策ルートは、
 ①清水寺、②産寧坂(さんねい坂≒三年坂)、③2年坂、八坂神社経由、祇園行き・・・の予定で行くはずでしたw

とりあえず、京都駅内のホテルに宿を予約していたので、愛車を捨てて、バス&地下鉄で、清水寺(五条坂で下車)に向かいました。
 五条坂を登っていくはずでしたが、車が多かったので、裏道(大谷本廟)の方へ向かったのですが・・・これがまずかった・・・w お墓のど真ん中を通って、清水寺へいくはめに・・・w(お寺めぐりしてるのですから・・・お墓に当たっても仕方がないんですけどね・・・。)
 急なのぼり坂を、お店を散策(体をごまかしながら?)しながら、歩くはずでしたのにw

 ともかく、無事に清水寺へ到着w しばらく階段を進むと・・なにやら、うに様がどえらいことに・・・w 汗が噴き出だして、ビショビショの美女に!?(んまぁ、濡れて無くてもびじょですけどねw)←馬鹿っプル?

 少し風通しの良い「仁王門」の裏手で、服をたくし上げ・・・汗を拭いて差し上げました(llllll´▽`llllll)

 さて、一息ついたところで、一気に目指すは、清水の・・舞台w

 そ・・そのまえに、「随求堂(ずいぐどう)」の胎内めぐり(・o・) 随求菩薩の胎内に見たてた真っ暗な空間を大数珠をたよりにお詣りする「胎内めぐり」。暗闇の中あなた自身の光を感じるはずが・・・・真っ暗すぎて、怖かったw
 しかも、σ(^_^;)の前を行く女性が、間違って、戻ってきたりするので・・下手なお化け屋敷より、スリリングでしたw

 次に、「千日詣り」w 最初は、すっかり、忘れてて、なんだこの暗いお堂は?また、母体めぐりけ? この夏の暑い日に、蝋燭を閉所で燃やして・・・なんて、思っていたのですw
 ご利益のあるお札をもらっても、年内中にお返し出来そうも無いので、もらうのを諦めた二人でしたw(夜間の特別拝観もあったみたい・・・少し残念。夜景がすごく綺麗らしい・・・。)

 そしていよいよ、「清水」・・の前に、何故か、目に付いた「おみくじ」。いままで、凶や小吉しかひいたことが無かったのですが、何故か引きたくなって、半ば無理矢理、うに様も引かせました。結果は、内緒ですがねw なんか良いことが起きるといいなぁ・・w

 さて、「清水の舞台」へ到着w(ココまでで、かなりの体力を消耗した二人)
 流石に、眺めは絶景。思わず、飛び降りたくなる気持ちを抑えながら、うに様の写真をパチリw なかなか、上手く撮れてますw
 ちょいと、一休みしたあと、舞台と三重塔を背景に一枚。

 坂道を下りながら「音羽の滝」で、ありがたい水をもらい・・・と思ったのですが、すごい人だかり・・。流石に、待つほどの元気は残されていなかったので、一路、坂を下りながら「産寧坂」へw

  流石に喉が渇いたのと、足が痛く成りつつあったので、ひとまず、清水焼きを販売している2階の喫茶で、コーヒーとグレープフルーツジュースと・・・チーズトーストを注文w 何故かは、教えませんw

 ココから、「二年坂」、「寧々の小経」へと続くのですが・・・続きは、次回へw
 

(写真は、うに様の許可が出ましたら、載せますw)
[PR]
by kisin-ex | 2006-08-22 02:36 | 彼女